中古バスが増えているからこそ

市場に中古バスが増えているからこそ、良いものをしっかりと判断する目が必要になってきます。

中古バスの購入時のポイント

賢い中古バス選びとは

バスは特殊車両ですので、購入の際は気をつけるべき点がたくさんあります。事前にしっかりした知識を身に着けましょう。

購入したい車体の相場を知ろう

購入希望の車種についての相場は事前にインターネットなどで調べておくと良いでしょう。

いくつかの業者に相談

中古のバスは値段にかなりの幅がありますので、必ず複数の業者に相談しましょう。

購入前にはその業者の口コミをみよう

購入を決める前にその業者の口コミや購入体験記をインターネットサイトで読んでおきましょう。トラブル等なかったか確認出来ます。

購入時に気をつけるべきポイントランキング

no.1

ワンオーナーであったか

前に所有していた人が一人であったワンオーナーの中古バスを選びましょう。複数の人が所有している場合はそれだけ車体の状態が良くない可能があります。ワンオーナーのものであれば比較的新しく状態の良いものである可能性が高いです。

no.2

バスが以前どこで使われていたのか

以前バスがどこで使われていたのかというのは、車体の状態を見る上で大切なポイントです。海辺や温泉地帯で使われていたものは、潮風や硫黄によって車体の腐食が進んでいる可能性がありますので注意しましょう。

no.3

レンタカーであったかどうか

レンタカーとして使われていたものは、使用頻度がかなり高かった可能性があります。なるべく避けましょう。

no.4

定期点検記録簿があるか

定期点検記録簿があるものを選びましょう。定期点検記録簿をしっかり確認し、その後どれくらいのメンテナンスが必要か判断しましょう。

no.5

業者が自社工場を持っているか

その後のメンテナンスなどを考えると、必ず自社工場を持っている業者が良いでしょう。いろいろな相談がし易いです。